庭木の剪定について

剪定とは?


・庭木を健やかに成長させるため

・大きく成長しすぎないため

・見た目の美しさを保つため

 

大きく分けてこの3つの役割を果たすために欠かせないお手入れの方法で、樹木の不必要な枝を切り、整えることを「剪定」といいます。

 

剪定を行うことにより、

樹形を整える。病気と害虫の予防。風通し・日当たり改善。

などの効果があります。

 

一口に「剪定」といっても、

樹木の種類や、目的によって手法が異なり、

それぞれに的確な手法で剪定を行うことにより、いつまでも美しく健康的な庭木を保つことができるのです。

※ご自身で剪定する場合

必要な道具

・剪定ばさみ

・ノコギリ

・脚立、はしご

 

※伐採・剪定・抜根の作業は危険です。

チェーンソーやバリカンなどの機械は、使い方を間違って使用すると、かすり傷だけでは済まないケガにつながります。

手や足を切り落としてしまうこともありますし、高い木に登って落下することもあります。

経験や自信がない場合は、確実にプロにお任せした方がいいです。

ご自身の体・命を大事にしてください。

ここが違う!プロの作業


1.現状の生育状況を的確に判断に基づいての剪定。

2.1年、3年、5年先の育成状況を見越しての剪定。

3.施主様が一番よく見る角度、外から一番見える角度を計算しての形づくり。

4.我々業者本位ではなく、お客様のご要望本位での施工。

5.高所の作業、重機などの特殊設備が必要な作業も対応。

6.施主様、近隣住民様へ配慮した作業(時間、騒音、ご挨拶)。

 

費用の目安


見積り料金の目安について説明させていただきます。

基本的に下記の3つの要素を総合的に見ての料金となります。

 

1.高さ:木の地面から先端までの高さ

2.太さ:木の幹の太さ

3.難易度:作業難易度(必要設備も含め)

 

※伐採・剪定・抜根の場合、木の大きさや現場の作業難易度によって金額が大きく異なる事がありますので、

必ず事前の現地調査が必須となります。

 

伐採、伐根

草刈り、草むしり