思ったより大変!?木の抜根


庭木の抜根とは?


「抜根」という文字を見て、なんとなく根を抜く作業をイメージしていませんか。

 

抜根は木を伐採したあとに残った切り株を取り除く作業を指します。

 

そもそもなぜ抜根をおこなうかというと、切り株を放置することで、様々なトラブルが起こるおそれがあるからです。


抜根を行う目的


抜根をおこなうおもな理由は以下のようなものがあります。

 

・残った切り株にシロアリが発生したり、蜂の巣になったりする危険がある

・美観が損なわれ、人が通る場所にあるとつまずく原因になる

・切り株があった場所に新しく植物を植えたい

 

特にシロアリは大量発生すると自宅にも侵入し、土台の木材を食べてしまうおそれがあります。

いちど侵入されるとあっという間に被害が拡大してしまうため、原因になる切り株は放置せず早めに処分することが大切です。


抜根の注意点


抜根をおこなう際はいくつか注意しなければならない点もあります。

具体的には以下の2点です。

 

・障害物がある場合は断られる場合もある

・あまり深く根が張ったものは土壌が緩んでしまう場合もある

 

では、それぞれ詳しく解説していきます。

 

障害物がある場合は断られる場合もある

抜根する木の根がコンクリートの下や住宅などの建物の下にもぐっている、複雑に絡まっているなどのケースでは、全部の根の除去までできない場合があります。

あまり深く根が張ったものは土壌が緩んでしまう場合もある

住宅の庭には配管や基礎などもあるので、あまり深いところまで根が張っていると、抜根した後に土が緩くなってしまったり、配管や基礎を傷つけてしまったりする場合もあります。


抜根にかかる料金


抜根費用は幹の太さによって異なります。

幹の太さ別の費用相場は以下のとおりです。

 

木の伐採に重機を使用した場合は、さらに追加費用がかかるので覚えておきましょう

 

抜根は、根気のいる作業にはなりますが、自分でおこなうこともできます。

しかし、

根が深いところまで張っていると自力で掘り起こすのは難しいです。

このようなケースでは自力での抜根はとても大変な作業になるため、プロに依頼をしましょう。


エンライトの関連ページはこちら